XSDでCOLLADA

COLLADAのとっかりはこちら。COLLADA DOMを使った3Dモデルデータの読み込み

XSDはこちら。CodeSynthesis XSD

おおまかな流れとしては,

  • XSDをVisual Studioに導入する
  • COLLADA 1.4.1 Schema (includes OpenGL ES Profile)をローカルに保存する。
  • 保存したSchemaをソリューションに追加して,XSDでC++パーサにコンパイルする。
  • コンパイルオプションはこちらにあるように–parts 3等で分割指定が必須。
  • コンパイルしたC++パーサをソリューションに追加する。
  • COLLADAの読み込み部分を作成する。1行で読み込めるが初めから高速化に対応した方がよい。
  • OpenGLの表示処理を作成する。パース結果の利用方法(triangleのみ描画)は下記。

m_dae_previewは,

というデータメンバで,COLLADAをロードした結果を保持している。

COLLADA DOMより少し速度が遅いし,分かりやすさもないので,COLLADAをパースしてみたい人は素直にCOLLADA DOMを使った方がよいかも。


MySQLの基本

開始

データベースの一覧

データベースの選択

テーブルの一覧

あるテーブルの全表示

あるテーブルの削除

別ファイルのSQL文を流し込む

レコードを更新する

レコードを削除する

カラムの一覧を表示する

カラムを追加する

カラムを特定カラムの後に追加する


ODB – C++ Object-Relational Mapping (ORM)

ODB – C++ Object-Relational Mapping (ORM)

サーバが落ちたり,再起動したら,世界の時間が巻き戻ってしまうのは困る。メモリ上のオブジェクトをどうハードディスクに保存するか探っていたら,ODBを見つけた。

gitのリポジトリに追加して,コンパイル。サードパーティのライブラリも全てソースから保持していく。gcc-4.5のpluginを利用しているので,gcc-4.5にアップデート。gcc-4.5-plugin-devパッケージも必要だった。libcutlも必要。libcutlをmake installしているとconfigureがうまくいかず,–with-libcutl=でソースディレクトリを指定してOKだった。

ODBを作っているCODE SYNTHESISは南アフリカの会社のようだ。XSDなども,COLLADAに対応しているので使ってみようかと思っている。南アフリカの通貨ランドにはたいへんお世話になっているので,親しみを感じる。

ODB対応のコーディングは下記が肝と分かったが,vectorの中身をname*という感じ(実際にはBHOBJECT*)にしたい。うまくDBに保存できるのだろうか。