憧れが恋愛感情に…先生⇔生徒が男女に変わった1回のデート

めんどくさいのでタイトルそのままにするか......。

Yさん「その後何回かデートを繰り返すようになりましたが、その間、彼がずっと私に気を持たせるようなことを言うんです。『Yちゃんだけが僕のことを忘れずに会いにきてくれる』とか、『外でデートする教え子はYちゃんだけだよ』よか…。それでどんどん好きな気持ちが止まらなくなって、3回目のデートで思わず『先生のことが好きです』と伝えてしまいました。先生は私の告白に対して『僕もだよ』って言ってくれて。『じゃあ、恋人同士になるんだからまずは敬語をやめてみようか?』ってキザなことを言うんです。キザはキザでも、大人っぽくスマートなやりとりだなーと思って、もっとドキドキしちゃいましたね。その時彼は43歳。やっぱり、40代の男性にはキザさに負けないスマートさや包容力を持っていてほしいです」

引用元記事:éditeur

奈倉余裕、と言わざるを得ない。

ストレッチについて

内田さん「運動不足やデスクワークなどで同じ体勢が続くと、関節の可動域が狭まってしまい、刺激される筋肉の細胞の数も減ってしまいます。ストレッチで関節の可動域を広げることにより、眠っていた筋肉の細胞を目覚めさせる役割があるのです。活動する細胞の数が増えれば代謝も上がるほか、運動パフォーマンスも向上します。もちろん、凝り固まった筋肉をほぐす効果もあるので、運動前のケガ予防としても欠かせません。

引用元記事:まずは「肩」と「股間」から! プロが教えるストレッチの秘訣

若い頃からなぜか「180度開脚したい」と思っている。

東横INNに泊まった時など、ベッドの壁際に仰向けになって脚を広げ、内股が限界で痛くなるまで辛抱したりしている。

股割用の金属製の棒状の装置も購入した。自力で手前に引っ張る方式のものだ。ハンドルをクルクル回して脚を広げる方式のものは、値段が高くて買えなかった。

アメリカ製のでかい木工用クランプと、上記の装置を組み合わせて、楽に強制股割が出来ないかと検討している。

YouTubeの強制開脚動画を見るのも楽しい。


などなど。