Lhaz
sfx.h
[詳解]
1 /*************************************************************************/
6 #pragma once
7 
8 #include <windows.h>
9 #include "mystr.h"
10 #include "../src/lhazsfx.h"
11 
12 class MYFILE;
13 
14 #define MULTIBYTE_FIRST_P SJC_FIRST_P
15 #define MULTIBYTE_SECOND_P SJC_SECOND_P
16 #define is_directory(statp) (((statp)->st_mode & S_IFMT) == S_IFDIR)
17 #define is_regularfile(statp) (((statp)->st_mode & S_IFMT) == S_IFREG)
18 #define METHOD_TYPE_STRAGE 5
19 #define BUFFERSIZE 2048
20 #define LZHEADER_STRAGE 4096
21 #define LZHUFF0_METHOD_NUM 0
22 #define LZHUFF1_METHOD_NUM 1
23 #define LZHUFF2_METHOD_NUM 2
24 #define LZHUFF3_METHOD_NUM 3
25 #define LZHUFF4_METHOD_NUM 4
26 #define LZHUFF5_METHOD_NUM 5
27 #define LZHUFF6_METHOD_NUM 6
28 #define LZHUFF7_METHOD_NUM 7
29 #define LARC_METHOD_NUM 8
30 #define LARC5_METHOD_NUM 9
31 #define LARC4_METHOD_NUM 10
32 #define LZHDIRS_METHOD_NUM 11
33 #define EXTEND_GENERIC 0
34 #define EXTEND_MSDOS 'M'
35 #define EXTEND_HUMAN 'H'
36 
37 typedef struct LzHeader {
38  unsigned char header_size;
43  unsigned char attribute;
44  unsigned char header_level;
45  MYSTR name;
46  unsigned short crc;
47  bool has_crc;
48  unsigned char extend_type;
49  unsigned char minor_version;
50  /* extend_type == EXTEND_UNIX and convert from other type. */
52 } LzHeader;
53 
54 /*************************************************************************/
58 class SFX {
59 
60 public:
61  SFX(HINSTANCE hInstance);
62  ‾SFX(void);
63  int Run(void);
64 
65 private:
66  enum {
67  SFX_START = WM_APP,
72  };
73  //
74  enum {
75  LHAZWND_WIDTH = 256,
76  LHAZWND_HEIGHT = 114,
77  };
78  //
79  enum TYPE { LZH, ZIP, CAB, TGZ, TAR, GZIP, TBZ, BZ2, RAR
80 #ifdef FEATURE_7ZIP
81  ,SZIP
82 #endif // FEATURE_7ZIP
83  };
84  //
85  enum INQ_RET {
91  };
92  //
93  enum {
96  I_METHOD = 2,
98  };
99  //
100  static const int SKIP_SIZE;
101  static const TCHAR ClassName[];
102  static const TCHAR SFXTITLE[];
103  static const char* Methods[];
104  static const TCHAR LHAZOPEN[];
105  static const TCHAR LHAZEXT[];
106  static const TCHAR LHAZVIEW[];
107  static const TCHAR LHAZARC[];
108  static const TCHAR LHAZ[];
109  //
110  static bool Initialized;
111  static HINSTANCE Instance;
112  //
113  MYFILE* Afp;
114  HWND Hwnd;
115  HWND StaticWnd;
117  char* GetPtr;
118  MYSTR DecodeName;
119  MYSTR DestDir;
121  bool Error;
122  bool Option;
123  //
124  static LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hwnd, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam);
125  static INT_PTR CALLBACK DialogCancel(HWND hwndDlg, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam);
126  static INT_PTR CALLBACK DialogMain(HWND hwndDlg, UINT uMsg, WPARAM wParam, LPARAM lParam);
127  //
128  bool Init(HINSTANCE hInstance);
129  bool GetParam(void);
130  void CreateShortCutSub(int);
131  void CreateShortCut(void);
132  void Exec(void);
133  bool Extract(void);
134  static void (_cdecl Thread)(void*);
135  int GetTotalSize(void);
136  bool GetHeader(LzHeader* hdr);
137  bool ExtractOne(LzHeader* hdr);
138  unsigned short DecodeLzhuf(MYFILE* outfp, long original_size, long packed_size, TCHAR* name, int method);
139  INQ_RET Inquire_extract(const MYSTR& name);
140  void Adjust_info(TCHAR* name, LzHeader* hdr);
141  inline long GetLongword(void);
142  inline unsigned short GetWord(void);
143  int CalcSum(char* p, int len);
144  void UpdateShell(bool mkdir, TCHAR* p);
145  time_t GenericToUnixStamp(long t);
146  long GetTZ(void);
147  long CopyFile(MYFILE* f2, long size, bool calc_crc);
148  inline void SetupGet(char* p) { GetPtr = p; };
149  inline unsigned char GetByte(void) { return ((unsigned char)(*GetPtr++ & 0xFF)); };
150  bool ChangeDir(const TCHAR* dir);
151  void DispName(const MYSTR& name);
152 
153 };
INQ_RET
Definition: sfx.h:85
void SetupGet(char *p)
Definition: sfx.h:148
MYSTR DestDir
Definition: sfx.h:119
if the work is an executable linked with the with the complete machine readable work that uses the as object code and or source so that the user can modify the Library and then relink to produce a modified executable containing the modified rather than copying library functions into the if the user installs as long as the modified version is interface compatible with the version that the work was made with c Accompany the work with a written valid for at least three to give the same user the materials specified in for a charge no more than the cost of performing this distribution d If distribution of the work is made by offering access to copy from a designated offer equivalent access to copy the above specified materials from the same place e Verify that the user has already received a copy of these materials or that you have already sent this user a copy For an the required form of the work that uses the Library must include any data and utility programs needed for reproducing the executable from it as a special the materials to be distributed need not include anything that is normally and so on of the operating system on which the executable unless that component itself accompanies the executable It may happen that this requirement contradicts the license restrictions of other proprietary libraries that do not normally accompany the operating system Such a contradiction means you cannot use both them and the Library together in an executable that you distribute You may place library facilities that are a work based on the Library side by side in a single library together with other library facilities not covered by this and distribute such a combined provided that the separate distribution of the work based on the Library and of the other library facilities is otherwise and provided that you do these two uncombined with any other library facilities This must be distributed under the terms of the Sections above b Give prominent notice with the combined library of the fact that part of it is a work based on the and explaining where to find the accompanying uncombined form of the same work You may not link or distribute the Library except as expressly provided under this License Any attempt otherwise to link or distribute the Library is void
Definition: copying.txt:323
HWND StaticWnd
Definition: sfx.h:115
MYSTR DecodeName
Definition: sfx.h:118
char * GetPtr
Definition: sfx.h:117
long last_modified_stamp
Definition: sfx.h:42
bool Option
Definition: sfx.h:122
Definition: sfx.h:90
bool has_crc
Definition: sfx.h:47
#define I_HEADER_CHECKSUM
Definition: lzh.h:63
unsigned short crc
Definition: sfx.h:46
unsigned char minor_version
Definition: sfx.h:49
Definition: sfx.h:89
static bool Initialized
Definition: sfx.h:110
Definition: sfx.h:68
bool Error
Definition: sfx.h:121
まで終了。 注:すべての形式で確認する。 ディレクトリ構造を持つアーカイブファイルを使用する。 ロングファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「十表ソ」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「ー」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 (「機能イメージ」が両方含まれていてよい) 大項目:「送る」解凍(アーカイブを右クリックで Lhaz に送る) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 中項目:解凍先履歴に解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:D&D解凍(アーカイブファイルを Lhaz exe かそのショートカットにD&Dする) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:ダブルクリック解凍(条件:関連付け済み。アーカイブファイルをダブルクリックするか,右クリックの「Lhazで解凍」) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:一発解凍 中項目:ポップアップ 中項目:このフォルダに解凍 中項目:閲覧 中項目:指定フォルダに解凍 SFX
Definition: test.txt:116
char method[METHOD_TYPE_STRAGE]
Definition: sfx.h:39
unsigned char GetByte(void)
Definition: sfx.h:149
LZH-SFX class.
Definition: sfx.h:58
static HINSTANCE Instance
Definition: sfx.h:111
まで終了。 注:すべての形式で確認する。 ディレクトリ構造を持つアーカイブファイルを使用する。 ロングファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「十表ソ」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「ー」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 (「機能イメージ」が両方含まれていてよい) 大項目:「送る」解凍(アーカイブを右クリックで Lhaz に送る) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 中項目:解凍先履歴に解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:D&D解凍(アーカイブファイルを Lhaz exe かそのショートカットにD&Dする) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:ダブルクリック解凍(条件:関連付け済み。アーカイブファイルをダブルクリックするか,右クリックの「Lhazで解凍」) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:一発解凍 中項目:ポップアップ 中項目:このフォルダに解凍 中項目:閲覧 中項目:指定フォルダに解凍 TBZ
Definition: test.txt:116
HWND Hwnd
Definition: sfx.h:114
TYPE
Definition: sfx.h:79
Definition: sfx.h:87
Definition: sfx.h:37
static const int SKIP_SIZE
Definition: sfx.h:100
long packed_size
Definition: sfx.h:40
まで終了。 注:すべての形式で確認する。 ディレクトリ構造を持つアーカイブファイルを使用する。 ロングファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「十表ソ」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「ー」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 (「機能イメージ」が両方含まれていてよい) 大項目:「送る」解凍(アーカイブを右クリックで Lhaz に送る) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 中項目:解凍先履歴に解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:D&D解凍(アーカイブファイルを Lhaz exe かそのショートカットにD&Dする) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:ダブルクリック解凍(条件:関連付け済み。アーカイブファイルをダブルクリックするか,右クリックの「Lhazで解凍」) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:一発解凍 中項目:ポップアップ 中項目:このフォルダに解凍 中項目:閲覧 中項目:指定フォルダに解凍 TGZ
Definition: test.txt:116
まで終了。 注:すべての形式で確認する。 ディレクトリ構造を持つアーカイブファイルを使用する。 ロングファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「十表ソ」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「ー」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 (「機能イメージ」が両方含まれていてよい) 大項目:「送る」解凍(アーカイブを右クリックで Lhaz に送る) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 中項目:解凍先履歴に解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:D&D解凍(アーカイブファイルを Lhaz exe かそのショートカットにD&Dする) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:ダブルクリック解凍(条件:関連付け済み。アーカイブファイルをダブルクリックするか,右クリックの「Lhazで解凍」) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:一発解凍 中項目:ポップアップ 中項目:このフォルダに解凍 中項目:閲覧 中項目:指定フォルダに解凍 TAR
Definition: test.txt:116
Definition: lhazsfx.h:10
*****************UnRAR free utility for RAR archives ************‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾ *******************License for use and distribution of ************‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾ ************FREE portable version ‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾ The source code of UnRAR utility is freeware This but cannot be used to develop RAR(WinRAR) compatible archiver and to re-create RAR compression algorithm
Definition: sfx.h:71
struct LzHeader LzHeader
MYSTR name
Definition: sfx.h:45
Definition: sfx.h:88
unsigned char header_size
Definition: sfx.h:38
Definition: sfx.h:79
long original_size
Definition: sfx.h:41
unsigned char extend_type
Definition: sfx.h:48
Definition: sfx.h:70
Definition: sfx.h:86
HWND CancelButtonWnd
Definition: sfx.h:116
#define I_METHOD
Definition: lzh.h:64
MYFILE * Afp
Definition: sfx.h:113
まで終了。 注:すべての形式で確認する。 ディレクトリ構造を持つアーカイブファイルを使用する。 ロングファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「十表ソ」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 「ー」など の含まれるファイル名のファイルを含むアーカイブファイルを使用する。 (「機能イメージ」が両方含まれていてよい) 大項目:「送る」解凍(アーカイブを右クリックで Lhaz に送る) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 中項目:解凍先履歴に解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:D&D解凍(アーカイブファイルを Lhaz exe かそのショートカットにD&Dする) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:ダブルクリック解凍(条件:関連付け済み。アーカイブファイルをダブルクリックするか,右クリックの「Lhazで解凍」) 中項目:このフォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:指定フォルダに解凍 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 中項目:解凍フォルダを指定 小項目:なし 小項目:フォルダ自動生成 小項目:解凍先を開く 小項目:フォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先を開く 小項目:フォルダ自動生成かつフォルダ無視 小項目:解凍先を開くかつフォルダ無視 小項目:フォルダ自動生成かつ解凍先をひらくかつフォルダ無視 小項目:指定フォルダへの追加 大項目:一発解凍 中項目:ポップアップ 中項目:このフォルダに解凍 中項目:閲覧 中項目:指定フォルダに解凍 CAB
Definition: test.txt:116
#define I_PACKED_SIZE
Definition: lzh.h:65
#define I_HEADER_LEVEL
Definition: lzh.h:69
time_t unix_last_modified_stamp
Definition: sfx.h:51
unsigned char attribute
Definition: sfx.h:43
Definition: sfx.h:69
Main Class.
Definition: lhaz.h:47
LHAZSFX Param
Definition: sfx.h:120
#define METHOD_TYPE_STRAGE
Definition: sfx.h:18
unsigned char header_level
Definition: sfx.h:44