9月22日(木)3:48

 夢の中にサイババが現れた。目が覚める前,僕の眼鏡を外し,目の上に手を置いた。僕は涙を流しながら目覚めた。サイババの手の感触が残っていた。

 サイババが僕の眼鏡を外す時,『理性のゆらぎ』のワンシーンと同じように,眼鏡がピシッと音を立てた。

 サイババが本当に来たのでなければ,自分の意識が自分の意識の中から勝手に組み立てた想像で,まさしくそれが夢なのだろう。

 サイババは,「年末……」という言葉と,「(僕が)夏(もしくは年末か)にドイツに行く」という言葉を残した。

 目覚めてから,年末にいいことがあるのでは,年末ジャンボ宝クジが当たって,来年の夏にドイツに旅行するのでは,と思った。なぜインドではないのだろう。インドの聞き間違いだろうか。

 大学の経営工学科の友人について,「(再び)原子力関係で働くようになる」とも言っていた。再び,というのは前世か来世のことを言っているような雰囲気だった。

 僕に「電子の海……」という言葉も残した。ウィリアム・ギブスン「カウント・ゼロ」に出てくる言葉だ。「電子の海を知っているか」というような言葉だったと思うが,「電子の海で生きろ」ということかと思う。

 他に,もっと根本的で重要なことについて語りかけてくれたような気がするが,すっかり忘れてしまった。

14:21

  EXTEND LASER が画面に残りまくるバグをとった,と思う。

 ボスのサンダーレーザーのX方向速度を2倍にしたと思ったらなってなかったので,した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です